結城紬|重要無形文化財 

結城紬(ゆうきつむぎ)とは、
結城紬

茨城県・栃木県を主な生産の場とする絹織物で、単に結城ともいいます。国の重要無形文化財に登録されており、近現代の技術革新による細かい縞・絣を特色とした最高級品が主流です。元来は堅くて丈夫な織物だったのが、絣の精緻化に伴い糸が細くなってきたため、現在では「軽くて柔らかい」とされることが多いようです。奈良時代から続く高級織物で結城市・小山市などで作られています。絹のきらびやかさを抑えた、渋みのある味わいと、嵩高な生地のぬくもりが特徴で、全工程が手作業で作られるため、非常に高価な織物となっています。

もっと詳しく、映像でもご覧いただけます。
https://youtu.be/N_Ae9QFi-Lc

映像で見ると、なぜ、重要無形文化財に登録されたのか、そしてなぜ高価な着物なのかがよくわかりますね。

お正月は着物で迎えたいとお考えの方は、結城紬はオススメです。仕立て直してプレゼントしても喜ばれると思いますよ。

今回、お客様から引き受け、結城紬のオークションを開催しています。仕立てたお店の店主のお話では、超大物演歌歌手の方が紅白歌合戦に着て出てもおかしくないような、それくらいの高価な結城紬との事です。なかなか手に入らない結城紬のアンサンブル+長襦袢(新古品)が格安でお手元に♪♪
結城紬|男性アンサンブル+粋でおしゃれな長襦袢付オークションはこちら<<

結城紬Wikipediaはこちら<<

よかったら、シェアお願いします(*´▽`*)♪
ゆうきみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>