お正月をお迎えする。ご提案🗾

お正月のお迎えのしかたは、人それぞれではありますが・・・

新年のお迎えの玄関のお飾り

日本では一般的にみなさん次のようにお正月をお迎え
する準備をします。

年神様をお迎えするお正月飾り。
お正月飾りは、その年の年神様
(えとの神様という説もあります)
の神代として玄関に飾る門松や
しめ縄飾などです。

お正月セットimage

また、床の間に飾る床の間飾り、
御供えの鏡餅も御正月の飾りです。

ここでちょっと、お正月飾りの
”豆知識”を・・・

お正月飾りの飾る時期はいつごろ?

年越しに向けお正月飾りの飾りはじめは、
一般的に12月13日から30日まで、
なかでも、9がつく日は「苦」に通じ
縁起が悪いと避けられるようです。
また、大晦日31日に飾ることは
「一夜飾り」といわれ、年神様に対し
礼に欠ける誠意のない行為とされて
いるので、気をつけましょう。
30日までには飾り終えるのが正解です。

飾り方、場所は?

年神様への最高のお供え物とされる鏡餅は、
本来床の間に飾りますが、ない場合は家族が
家の中でメインで過ごす事の多いリビングや
ダイニングに飾りましょう。
破魔矢は神棚にとありますが、神棚をもった
家庭も少ないので、できるだけ高い位置に
飾りましょう。

しめ飾りは年神様が入ってこられる家の入口
玄関正面につるしてお迎えの準備は完了。
玄関や床の間には、生け花や、
掛け軸などと一緒にお飾りをします。

そして、お正月飾りを外す日は?

新年をお迎えして、さて、捨てる時期、
こちらは、松の内は神様がいらっしゃるよ
うで、外す時期は7日の七草がゆの日に、
門松やしめ縄飾り、どんど焼で燃やすもの
を取り外し、鏡餅は鏡開きの15日までその
まま飾っているようです。

そこでご提案♪。

近年、お正月のような長期のお休みは、
旅行で留守のご家庭も多く、
なかなか、お正月を自宅でお迎えしなく
なったのではないでしょうか?

だから、ここでキモノボード。

自宅にいなくても、良い運気は、
勝手に入っていてほしいもの★

松竹梅や、鳥の柄物を玄関に
お飾りとして飾ってみては?
お花のかわりにお花柄のキモノボード。
新年のお迎えに縁起の良いことは、
しておきたいものです。

牡丹、鶴、縁起がよいキモノボード

年を迎える玄関や床の間も
華やかにしておけば、
その年一年良い年を
迎えられる気がしませんか?

酉年の着物柄でキモノボード

鏡餅も、カビがはえたものを飾っては、
せっかくお迎えした運気も濁ってしま
いそう。そんな中長く飾れるパックが
定番になりつつあるこの時代。
お迎えすると言う気持ち大切に、
お飾りの飾り方も少しずつ形を変えて

ニッポンのココロのこしつつ・・・

キモノボードオンラインショップ<<


平成キモノを探して・・・ チリントゥ戸谷真子さんの作品♥

chirin001-mini

キモノボードの生地は、できるだけ、昔ながらの技法で染められた、本物の着物を利用したいと考えております。ですが、コンピューター技術が発展しプリント生地で描かれた着物生地が多く市場化されはじめた昭和後期~平成の時代になると、なかなか、手描き、手染め、昔ながらの工程の着物は少なくなりつつあります。

だからこそ、より強く昔の着物柄の良さをキモノボードではお伝えしたいと思っておりますが、平成になった今でも、昔ながらの工程を踏み、時間と動力をかけ、素敵な着物柄を作り上げている作家さんもおられます。

その昔ながらの技法の代表の一つとして、【琉球紅型】がございます。

本日ご紹介するのは、その琉球紅型を本場沖縄の知念紅型工房で修業をされて、大阪で活動されている、工房チリントゥ 作家、代表の戸谷真子さんの作品です。

以前から紅型の絵柄素敵だなぁ~っと、探していました。
夏に向けても素敵なテキスタイルですものね。

戸谷さんとは、始めてお会いして、いろんなお話を聞かせていただきました。

chirin002

想いをこめた型紙、自然顔料へのこだわりも深い戸谷さんです。

chirin003

今回お分け頂いた生地は・・・

『屋久島のいぶき』

深い森、屋久島。取り巻く空気が形をもっているよう。 意識する空気。 森をはじめて知りました。屋久杉は深い深い森を守るように、何もかも知っているかのように、悟りきった感じで立っています。 
鳥やヤクシカと呼ばれる鹿は、その森の中でごく当たり前にそこに暮らしています。  
~チリントゥ 説明~

お着物での生地のご注文が主体なのに、粘って?(*^^*)屋久島のいぶきをお分けいただきました。27cm角1枚限りですが、今から制作するのにワクワクしています。

ご注文はこちらから↓↓
屋久島のいぶき on-line shop

chirin004

こだわりの和菓子と共に、戸谷さんのいろんなお話を聞かせていただきました。
お菓子も本物だぁ~

ありがとうございました。

また、引き続きのご縁がある事を願い・・・♥

*****************************************
工房チリントゥ
http://tirinto.com/

辻利兵衛本店
http://www.tsujirihei.co.jp/

出来上がったっら、ネットショップでご案内させていただきます。

ww


はまっち気になるデザインVOL5 『壁画アート』

昨日テレビで見かけた壁画アートリフォーム
言葉があっているかわかりませんが(^_^ゞ・・・

はまっち気になりましたので、今回ははまっちBLOGにて報告!!
http://wishhama.blog119.fc2.com/


【hamacchi 気になるデザイン】Vol3 PLの塔を見て

こんにちは。はまっちです。
先週末、私の幼なじみのお家で母の友達のお宅に、息子と母を連れて遊びにいってきました。十数年ぶりの再会に、会話もはずみますが、次男坊にしてみたら、??の世界で┗(-_-;)┛退屈しており、息子と2人、外にドライブ出る事に。
子どもの頃は大阪の堺に住んでいて、高いところからはかならずPLの塔が見えていたので、PLの塔は気になる塔でした。今回おじゃました友達は小学校の時に大阪府狭山市に引越しをしまして、今回遊びに来ているついでに息子にも”ギョ”っとする感覚を味わってもらおうとドライブ先はPLの塔に。
PLといえば、高校野球のPL学園、そう、そのPLです。

ple5a1942

宗教の記念塔と言う事もあり、知る日とぞ知るで、あまり全国に知れ渡る事のない塔かとおもいますが、超、迫力あります。その高さ180m通天閣より高い塔です。
毎年行われるPLの花火大会は、関西ではおなじみだと思いますが、これも日本1の花火打ち上げ数にもかかわらず、宗教がかかわるからなのかなぁ?、大々的な花火大会としてはランキングされていないようです。お~もったいない、最後に打ちあがる空が一瞬夕日にかわる花火は、誰もが1度は見てみたいとおもうのでは??
PLの花火大会<<

あ、話がそれてしまいました。
そのPLの塔に向かうまでに感じた事。 ちょっとガウディ?っということで、今回はまっちの気になったデザインはPLの塔。
誰が設計したんやろう?っとPCで検索。
なんと、設計は天下の日建設計さんでした~。東京タワーをはじめ、ありとあらゆるタワーを手がけてきた大御所です。スカイツリーも日建さんです。
日建設計タワー記録<<<
こんな凄腕団体の設計だからこそ、その存在も単なる宗教のモニュメントだけにとどまらず、ランドマーク的な存在になるのではないかと思います。
小学生の頃からなにか心の底から訴えを感じていたPLの塔、その設計のかかわりにもっと触れてみたいと思うはまっちです。
日建設計さんのサイトには、残念ながら、PLの塔は掲載されていません。

ウィキペティアでの紹介<<

でも、あの存在は、大阪万博の太陽の塔や世界中のランドマークに匹敵する風格をもっていると感じるのは私だけでしょうか(^_^ゞ・・・


2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Translate »