【hamacchi 気になるデザイン】Vol3 PLの塔を見て

こんにちは。はまっちです。
先週末、私の幼なじみのお家で母の友達のお宅に、息子と母を連れて遊びにいってきました。十数年ぶりの再会に、会話もはずみますが、次男坊にしてみたら、??の世界で┗(-_-;)┛退屈しており、息子と2人、外にドライブ出る事に。
子どもの頃は大阪の堺に住んでいて、高いところからはかならずPLの塔が見えていたので、PLの塔は気になる塔でした。今回おじゃました友達は小学校の時に大阪府狭山市に引越しをしまして、今回遊びに来ているついでに息子にも”ギョ”っとする感覚を味わってもらおうとドライブ先はPLの塔に。
PLといえば、高校野球のPL学園、そう、そのPLです。

ple5a1942

宗教の記念塔と言う事もあり、知る日とぞ知るで、あまり全国に知れ渡る事のない塔かとおもいますが、超、迫力あります。その高さ180m通天閣より高い塔です。
毎年行われるPLの花火大会は、関西ではおなじみだと思いますが、これも日本1の花火打ち上げ数にもかかわらず、宗教がかかわるからなのかなぁ?、大々的な花火大会としてはランキングされていないようです。お~もったいない、最後に打ちあがる空が一瞬夕日にかわる花火は、誰もが1度は見てみたいとおもうのでは??
PLの花火大会<<

あ、話がそれてしまいました。
そのPLの塔に向かうまでに感じた事。 ちょっとガウディ?っということで、今回はまっちの気になったデザインはPLの塔。
誰が設計したんやろう?っとPCで検索。
なんと、設計は天下の日建設計さんでした~。東京タワーをはじめ、ありとあらゆるタワーを手がけてきた大御所です。スカイツリーも日建さんです。
日建設計タワー記録<<<
こんな凄腕団体の設計だからこそ、その存在も単なる宗教のモニュメントだけにとどまらず、ランドマーク的な存在になるのではないかと思います。
小学生の頃からなにか心の底から訴えを感じていたPLの塔、その設計のかかわりにもっと触れてみたいと思うはまっちです。
日建設計さんのサイトには、残念ながら、PLの塔は掲載されていません。

ウィキペティアでの紹介<<

でも、あの存在は、大阪万博の太陽の塔や世界中のランドマークに匹敵する風格をもっていると感じるのは私だけでしょうか(^_^ゞ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »